スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年を振り返る~株式市場総括編~

今年2008年は100年に1度の危機と言われるほど
年後半は、急激な動きでした。
本格的なキッカケは、リーマン・ブラザーズの破綻です。
150年も続いてきた証券会社が潰れるほどの大きな出来事で
いつ、どの証券会社・銀行が潰れるかわからないという疑心暗鬼の状態が発生して銀行同士の貸し借りが鈍り、
信用危機に発展していきました。
しかし、前触れは既に以前からあったはずです。

忘れてしまったと思いますが今年初めの
3/16の大手証券会社のベアスターンズの破綻
結果的にはJPモルガンが救済買収という形で終息。
個人的に出来事をまとめたサイト米国金融危機の足跡に今年の出来事を詳細してあります。)
もうこの頃から、次に潰れる又は救済の必要のある証券会社・銀行が出てくることは
予想できたはずです。(結果論ですが・・・)

年後半は特に動きが激しく
金融安定化法案が下院で否決したときなど
数え切れないほど出来事がありました。

10月はファンドの決済で株式市場が
暴落し、やっと11月に入って少々、落ち着き、
11~12月で世界各国の協調的な銀行の救済・経済対策が
発表され、動きは落ち着いてきたようです。

クリスマス前も、ビックスリーの救済問題で
揺れかけましたが何とか金融安定化法案で救済が
決定し、難を逃れたといった感じです。

しかし、本当に今年後半は激動の時期でした。
けれどまだ危機は去ってはいません(個人的判断ですが・・・)
救済等で資本注入したものの、その効果がまだ依然として
形に残っていないという点
です。
資本注入し、救済してまた再びぶり返すことさえあるからです。
資本注入したものの新たなる不良資産が発生することさえあります。
クレジット市場ではサブプライム(低所得者層ローン)にとどまらず、
プライムローン(中間層ローン)の支払の悪化が現れ始めていると言います。
プライムローンでも多くの証券化商品が出回っているはずです。
金融危機のあとの、景気悪化によって更に
支払悪化が大きくなることは必至です。
この層にまで影響が及んでくると来年は更に
厳しい年になってしまいそうです。


 

記事が役に立ったら応援お願いします。今後の励みになります。
FC2 Blog Ranking


☆人気ブログランキング参加中☆
人気ブログランキング

スポンサーサイト

Theme : 投資に役立つデータ
Genre : 株式・投資・マネー

トヨタ減配の可能性

今期2回目の下方修正を予定しているトヨタ。
今度は減配の可能性も出てきているようです
前年の実績では年間140円の配当
今日現在、140円の配当とすると配当利回りは
4.827%
とかなりの配当利回りです。

しかし、このままの配当を維持するには
約2300億円必要
と言われています。

もしも減配となればトヨタは上場来初となる減配になってしまい、
いつに日本の自動車メーカーにも米国金融危機の影響が出てきます。

また現在、株価は2900円で下方修正の数値にもよりますが
更に下落する可能性も・・・。
配当利回り4.8%はかなりの高配当なので
2~3%の配当が妥当な水準??
かもしれないです。

こういったことを、踏まえると
2500円の株価も見えてきそうです。

*あくまで個人的な見解なので必ず上記のようになるとは言えません。
投資は自己責任なので参考程度に見ておくようにしてください。


記事が役に立ったら応援お願いします。今後の励みになります。
FC2 Blog Ranking


☆人気ブログランキング参加中☆
人気ブログランキング

Theme : 投資に役立つデータ
Genre : 株式・投資・マネー

決算情報開示不透明時代に突入か?

決算情報開示不透明時代に突入し

機関投資家が買わなくなるかも・・・。

中川昭一財務・金融担当相は

7日の閣議後の会見で、
自己資本比率規制の弾力化する措置を決定したと発表した。
国内基準行は、

有価証券の損失を自己資本から差し引かず、
国際基準行については、国債と地方債の損益を自己資本比率に計上しないことを認める。
2008年12月期から2012年3月期決算まで適用する。
(ロイターより引用)

 

 

 

上記、記事では
今期から有価証券の評価損を決算情報から
計上しなくてもよいとなり、見た目の財務諸表は
損失が軽くなり外見は利益の出ているような財務諸表となります。

しかし、
各企業の保有している資産の位置づけとしている
有価証券の損失を差し引かないということになると
悪く言うと、
損失の隠蔽みたいな感じです。
一時的な処置とはいっても、

決算情報が不透明になることは
いい印象ではないですね。

今期から有価証券の評価損を決算情報から
計上しなくてもよいということは、

サブプライム債券のような

高リスク商品を保有していて
商品の価値が下落して
経営状況が悪化しているのにも関わらず
その損失が見えてこないという
非常に怖い状況になります。

その見えない部分の損失が莫大になって
突然、大手の優良企業と見えていた企業でも
いきなり、破綻ということもありえます。

そうなると、プロの投資家は
リスクが高すぎて投資しなくなってくるでしょう

最近、株価が安くなってきているので
個人投資家が長期で多く買いに入っているといいますが
多分、目先の価格の安さだけで買っているだけで
本当の価値であるということは疑問です。

私は、経済状況と各企業の決算の動向と
機関投資家の動き

(JPモルガン・ゴールドマンサックスなど金融機関)を
慎重に見てから動こうかと思います。


記事が役に立ったら応援お願いします。今後の励みになります。
FC2 Blog Ranking


☆人気ブログランキング参加中☆
人気ブログランキング


Theme : 資産運用
Genre : 株式・投資・マネー

資産運用~手軽にできる長期株式投資~

長期株式投資運用について

株式を長期保有を目指すに当たって
まず、大事な事は今現在の株価の位置(価値)が重要です。

株価は、その企業の業績・成長性・財務健全性を反映してきます。(一部の仕手株を除く)
その時期の景気動向にもよりますが
通常時は、その企業の価値を反映しています。

長期保有の場合は、
表面的には、株主優待配当額(年間配当利回り)を狙っての投資が主です。
けれど、インカムゲイン(配当益)だけでなくキャピタルゲイン(値上がり益)も
狙っていきたい場合には、その企業の業績動向や成長性が重要になってきます。

今回は、簡単な投資方法の株主優待について書いてみます。

株主優待は、企業が配当の他に自社の製品や割引券などが
株主に渡される。おまけみたいなものです。
おまけといっても、結構役に立つ優待もあり長期で保有する場合はかなりお得です。

例えば、株主優待でも
外食の企業では、食事割引券。食品企業は自社の製品などと幅広くあります。
代表的なもので人気のある優待は、
マクドナルドやキューピーなどです。また、ディズニーランドによく行く人は
オリエンタルランドという企業の株主優待。
「東京ディズニーランド」または「東京ディズニーシー」で利用可能な1デーパスポートが
年2回送られてきます。

優待は、5万円ほど~で権利が取れ、株主優待回数は年1回または2回と様々ですが長年保有して持っていると
株主優待が送られてくるのが楽しみになってきます。


☆役に立ったらココをクリックお願いします☆

☆FC2ブログランキング参加中☆

☆人気ブログランキング参加中☆
人気ブログランキング




Theme : 資産運用について
Genre : 株式・投資・マネー

資産運用~長期資産運用のあれこれ~

長期資産運用するに当たって、
現在、

普通預金金利年0.2%ほどの利回り。
外貨預金で運用すると年約5%程の利回り。
株式配当では年2%程~(対象国・銘柄にもよります)
個人向け国債では1.5%程
投資信託では商品によっては5%程
*注意*普通預金以外の株式・外貨預金などは元本割れのリスクがあります

と、普通預金で運用するよりも
リスクがあるものの外貨預金・株式・投資信託で運用するほうが利回りがイイです。
中でも海外株式では5~10%の利回りを得ることが出来る銘柄もあります。

しかし、
外貨預金では急激な相場の変動によって為替損失が発生してしまうことがあり、
株式投資では倒産リスクや株価の下落による評価額の低下や配当金の減額。
投資信託では基準価格の下落・分配金の減額。

といった危険性があるので
これらはリスクの管理が必要になってきます。

ただ、10年以上といった長いスパンで考え、リスク管理をきちんとしていれば
個人的には、それほどリスクのあるものではないと思っています。
また、資産を各商品に振り分けて資産分配によって安定したリターンを得ることが可能です。

これから、資産運用を更に細かくかみ砕いて書いていってみようと思います。
興味のある方は是非、ブログに訪問してきてみて下さいね☆★

◆◆資産運用に向いている証券会社◆◆
SBI証券楽天証券松井証券




☆役に立ったらココをクリックお願いします☆

☆FC2ブログランキング参加中☆

☆人気ブログランキング参加中☆
人気ブログランキング

格安航空券 国内は

Theme : 投資に役立つデータ
Genre : 株式・投資・マネー

信頼性のFX
信頼性あるFX会社を選ぶなら・・・ 世界的な信頼

日本での信頼
当ブログへようこそ

ちーちゃん12

Author:ちーちゃん12
株式投資・FXをはじめて5年目に入りました。
資産運用と相場観・重要ニュース等を書いてます。
よろしくお願いします^^。

カテゴリー一覧
最近の記事
取引向け銀行
・資料請求口座開設はコチラよりどうぞ!
オススメFX証券会社一覧
海外投資への第一歩
RSSリンクの表示
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア





株式・為替(FX)リンク集
資産運用への第1歩リンク集
ランキング参加中
リンク
一押しオススメサイト
RSS購読
RSS購読はコチラからどうぞ
FX証券会社
FX取引ならスター為替
フォーランドFX
===外貨・株式===
米国発金融危機の足跡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。