スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年を振り返る~株式市場総括編~

今年2008年は100年に1度の危機と言われるほど
年後半は、急激な動きでした。
本格的なキッカケは、リーマン・ブラザーズの破綻です。
150年も続いてきた証券会社が潰れるほどの大きな出来事で
いつ、どの証券会社・銀行が潰れるかわからないという疑心暗鬼の状態が発生して銀行同士の貸し借りが鈍り、
信用危機に発展していきました。
しかし、前触れは既に以前からあったはずです。

忘れてしまったと思いますが今年初めの
3/16の大手証券会社のベアスターンズの破綻
結果的にはJPモルガンが救済買収という形で終息。
個人的に出来事をまとめたサイト米国金融危機の足跡に今年の出来事を詳細してあります。)
もうこの頃から、次に潰れる又は救済の必要のある証券会社・銀行が出てくることは
予想できたはずです。(結果論ですが・・・)

年後半は特に動きが激しく
金融安定化法案が下院で否決したときなど
数え切れないほど出来事がありました。

10月はファンドの決済で株式市場が
暴落し、やっと11月に入って少々、落ち着き、
11~12月で世界各国の協調的な銀行の救済・経済対策が
発表され、動きは落ち着いてきたようです。

クリスマス前も、ビックスリーの救済問題で
揺れかけましたが何とか金融安定化法案で救済が
決定し、難を逃れたといった感じです。

しかし、本当に今年後半は激動の時期でした。
けれどまだ危機は去ってはいません(個人的判断ですが・・・)
救済等で資本注入したものの、その効果がまだ依然として
形に残っていないという点
です。
資本注入し、救済してまた再びぶり返すことさえあるからです。
資本注入したものの新たなる不良資産が発生することさえあります。
クレジット市場ではサブプライム(低所得者層ローン)にとどまらず、
プライムローン(中間層ローン)の支払の悪化が現れ始めていると言います。
プライムローンでも多くの証券化商品が出回っているはずです。
金融危機のあとの、景気悪化によって更に
支払悪化が大きくなることは必至です。
この層にまで影響が及んでくると来年は更に
厳しい年になってしまいそうです。


 

記事が役に立ったら応援お願いします。今後の励みになります。
FC2 Blog Ranking


☆人気ブログランキング参加中☆
人気ブログランキング

スポンサーサイト

Theme : 投資に役立つデータ
Genre : 株式・投資・マネー

Comment

管理者にだけメッセージを送る

信頼性のFX
信頼性あるFX会社を選ぶなら・・・ 世界的な信頼

日本での信頼
当ブログへようこそ

ちーちゃん12

Author:ちーちゃん12
株式投資・FXをはじめて5年目に入りました。
資産運用と相場観・重要ニュース等を書いてます。
よろしくお願いします^^。

カテゴリー一覧
最近の記事
取引向け銀行
・資料請求口座開設はコチラよりどうぞ!
オススメFX証券会社一覧
海外投資への第一歩
RSSリンクの表示
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア





株式・為替(FX)リンク集
資産運用への第1歩リンク集
ランキング参加中
リンク
一押しオススメサイト
RSS購読
RSS購読はコチラからどうぞ
FX証券会社
FX取引ならスター為替
フォーランドFX
===外貨・株式===
米国発金融危機の足跡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。