スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ECBトリシェ総裁声明

ECBトリシェ総裁声明

ECB11月政策金利決定会合が行われ、
現状の過去最低の1.00%に据え置きました。
その後の会見では

・ユーロでは政策金利は適正
第4四半期GDP、プラスへ回復する可能性
・インフレは数ヶ月以内にプラスへ転じる見通し
・2010年はゆっくりと景気が回復する見通し。
・将来的にすべての流動性が必要とは限らない。
・各国政府は現実的な出口戦略が必要。
流動性対策は、タイミングを見て段階的に解除される
・過剰な通貨変動は悪影響。
・強いドルは米国の利益にかなう。
といった、声明を発表しました。
また、トリシェ総裁は
1年物資金供給オペを延長しない考えを示唆。
ECBは緊急支援措置の解消に向けた一歩を踏み出す形となりました。

注目されるのはユーロ圏での利上げがいつ行われるかです。
インフレが数が月以内にプラスへ転じる可能性があることや
GDPもプラスへ回復するなどでいよいよ利上げを見込んでいるということです。


記事が役に立ったら応援お願いします。今後の励みになります。
FC2 Blog Ranking

☆人気ブログランキング参加中☆ 人気ブログランキング

 


blogramランキング参加中!
blogram投票ボタン
スポンサーサイト

Theme : 投資に役立つデータ
Genre : 株式・投資・マネー

Comment

管理者にだけメッセージを送る

信頼性のFX
信頼性あるFX会社を選ぶなら・・・ 世界的な信頼

日本での信頼
当ブログへようこそ

ちーちゃん12

Author:ちーちゃん12
株式投資・FXをはじめて5年目に入りました。
資産運用と相場観・重要ニュース等を書いてます。
よろしくお願いします^^。

カテゴリー一覧
最近の記事
取引向け銀行
・資料請求口座開設はコチラよりどうぞ!
オススメFX証券会社一覧
海外投資への第一歩
RSSリンクの表示
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア





株式・為替(FX)リンク集
資産運用への第1歩リンク集
ランキング参加中
リンク
一押しオススメサイト
RSS購読
RSS購読はコチラからどうぞ
FX証券会社
FX取引ならスター為替
フォーランドFX
===外貨・株式===
米国発金融危機の足跡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。